1. 【画像】つむじハゲの育毛剤で治ったのはコレでした
  2. つむじハゲ対策
  3. ≫【AGA】高校生のつむじハゲは皮膚科の病院で治療できない、代わりの治療法

【AGA】高校生のつむじハゲは皮膚科の病院で治療できない、代わりの治療法

AGA対応町医者

高校生(もしくは中学生)が皮膚科にいってもAGA治療はできません。

その理由について、詳しく説明していきます。

10代高校生がなぜ皮膚科の病院で治療できない2つの理由とは

つむじハゲになりAGA治療をしようとして、皮膚科にいってもAGA治療を高校生ができないのは、AGA治療で使われる薬が未成年に処方できないからです。

その薬とは主にプロペシア、ミノキシジルです。詳しくみていきましょう。

【その1】プロペシアが体の成長を妨げ、副作用もあるから

プロペシア

プロペシアは、AGAの進行を抑える効果があります。

具体的には、AGAの原因であるジヒドロテストステロンという男性ホルモンの発生を抑える効果があります。

ですが、このジヒドロテストステロンはAGAの原因になる男性からしたら悪者ではありますが、成長期の筋肉や骨格を作る男性の体には欠かせない男性ホルモンでもあるのです。

このジヒドロテストステロンの分泌が成長期に弱まってしまうと、筋肉が骨がしっかり作られなかったり、生殖器の発達にまで影響を与え、最悪はED(勃起障害)になるリスクが高くなります。

【その2】ミノキシジルの副作用で心臓に悪い影響を与えるから

心臓疾患

ミノキシジルは、AGAでなくなった髪を元通りに回復させる発毛の役割がある薬です。

ですが、ミノキシジルはプロペシアよりも副作用の発症率が高い傾向があります。主な副作用は、心臓の動機、低血圧です。特に心臓への負担が大きいため未成年への処方が禁止されています。

親や祖父母にもし、心臓の弱い人、なんらかの心臓の病気を持っている人、持ったことのある人がいた場合、もともと心臓の弱い家系である可能性が高いため、ミノキシジルの処方は積極的に行なえません。

AGAの高校生が皮膚科に行くと、どうように対応されるのか

実際、AGA治療の目的で皮膚科にいくと担当の医師は、頭皮の状態を見てくれます。

そして、AGAだと診察された場合「AGAですね。でも今は薬が処方できないので、20歳になってからまたきてください」とだけ言われ返されます。

高校生なのですが、つむじがハゲておりAGA治療のために皮膚科にいきましたが、診察してもらっただけで薬は出してもらえませんでした。

未成年の場合AGAの薬はでないようです。
そのまま帰らされたのですが、他に高校生でもできるAGA治療する方法はないでしょうか?

このままハゲたくないです

参考:ヤフー知恵袋

高校生のような未成年でも使える2つのAGA治療法とは?

現在、未成年の高校生でもできるAGA治療は2つあります。

  1. ノコギリヤシサプリ
  2. AGA対応育毛剤

 

【1】ノコギリヤシサプリ

ノコギリヤシ

このノコギリヤシサプリは、プロペシアと同じ効果があるにもかかわらず、副作用なしで利用できます。また、ドラッグストアにも売っており、いちいち病院で診察してから買う手間もなく誰でも購入できます。

価格は1ヶ月分800円~900円ほど。

ただし、ノコギリヤシサプリはプロペシアほど効果は強くなく、つむじハゲの初期段階の人であれば、髪の現状維持程度に使えるぐらいの効果です。

薄くなったつむじハゲを元通りに回復させる「発毛」の効果はありません。

>>つむじハゲのレベルを確認して、自分がどの段階かをチェック!

【2】AGA対応育毛剤

AGA対応育毛剤

AGA対応育毛剤は、市販では販売されていないネットで売っているチャップアップやイクオスのような育毛剤のことです。

プロペシアやノコギリヤシのようにAGAを抑える効果もありつつ、無くなった髪を復活させる発毛の効果も実感できるのが特徴です。

また、副作用がないので病院でAGA治療ができない高校生でも使えるのが特徴です。

もし未成年でつむじハゲを治したい場合は、まずこれを使いましょう。

AGA対応育毛剤の選び方については下記ページを参考にしてください。

>>【画像】つむじハゲの育毛剤で治ったのはコレでした

シェアしていただけたら嬉しいです!