1. 【画像】つむじハゲの育毛剤で治ったのはコレでした
  2. つむじハゲ対策
  3. ≫つむじハゲの3つの回復、発毛法 | つむじハゲの原因を知ろう!

つむじハゲの3つの回復、発毛法 | つむじハゲの原因を知ろう!

AGAでつむじがハゲた頭頂部

ステップ2では、育毛を失敗しないように頭頂部のつむじハゲの原因とつむじハゲの回復方法について解説していきたいと思います。

また、つむじハゲの人には3つの選択肢があり、それぞれの良い点、悪い点も説明していきたいと思います。

つむじハゲの原因とつむじハゲが治る方法を知ろう!

つむじハゲの原因を知ることで、間違った回復方法を選ばないようにすることができます。

薄毛の回復方法は巷にたくさんの情報が溢れていますが、薄毛になる原因は人それぞれなので、原因に合ったものを選ばないと効果はでないところが、よりひどくなったりもします。

つむじハゲの原因を知ることは、かなり重要です。

つむじハゲの原因はAGA | 男性ホルモンのジヒドロテストステロンの発生を抑えて、まずは進行を抑える

つむじハゲの原因はAGAです。下記の画像を御覧ください。

つむじハゲのハミルトン・ノーウッド分類

上の図は、男性がAGAになった場合に髪がどのように薄くなるのかをパターン化した図(ハミルトンノーウッド分類)です。

つむじハゲは図の一番上の頭頂部という分類にあてはまり、みごとにつむじ部分が薄るくなってハゲているのがわかると思います。つむじハゲ以外には、生え際から交代するM字ハゲのパータン、つむじハゲとM字ハゲの両方の同時進行などがあります。

そして、AGAになって毛が脱毛する仕組みを詳しく説明した図が下記です。

つむじハゲになる仕組み

体内には、人の体を動かす酵素があり、その1つに5αリダクターゼというものがあるのですが、これがテストステロンという男性ホルモンの一種に結合してしまうと、AGAで髪の脱毛を引き起こすジヒドロテストステロンという強力な男性ホルモンを作ってしまいます。

そのため、つむじハゲを進行させないためには、まずこのジヒドロテストステロンの発生を止める必要がります。

 

つむじハゲ対策

ジヒドロテストステロンの発生を抑える方法として、AGA対応の育毛剤、医薬品のプロペシア、サプリのノコギリヤシなどがあります。

ます、このジヒドロテストステロンを抑えることをしなければ、ミノキシジルなどどんなに発毛成分を使って髪を発毛させたとしても、ジヒドロテストステロンの影響ですぐ抜けてしまいます。

髪を発毛させるには、ジヒドロテストステロンを食い止める(AGAを抑える)ことが大前提となります。

スカスカになったつむじを回復させるには、発毛成分が必須。

M-034

ジヒドロテストステロンの発生を抑えただけでは、髪はなかなかもとに戻りません。現に、AGAを抑える薬であるプロペシアだけで薄毛が回復した人は、かなり少数なのが現実です。

そこで必要になってくるのが、2019年時点で主流となっているミノキシジルやM-034といった発毛成分です。発毛成分は、市販の育毛剤ではできない、頭皮の血行を強力に促し髪の発毛、成長を促進させます。

ミノキシジルは大正製薬のリアップ、医薬品のミノキシジルタブレットに含まれており、M-034はチャップアップやイクオスに含まれているのが有名です。

ただジヒドロテストステロンを抑えるだけではなく、同時に発毛成分を使わないとまったくと言っていいほど髪は生えてきません。

「AGA(ジヒドロテストステロン)を止めれば生えてくる」と思っている人は注意が必要です。

つむじハゲを回復、発毛法の3つの選択肢~それぞれのいい点、わるい点~

AGAを説明する医者

では、このAGAの発生をとめて、発毛成分を使い髪を発毛させるには、どのような選択肢があるのかを紹介します。

※ちなみに「植毛」は100万以上の高額な治療費、「かつら」は治すというより隠す&高額なため選択肢には入れていません

つむじハゲを治す主な方法は3つです。

下記にわかりやすく、良い点、悪い点を表にしましたのでご覧ください。

 

対策方法 良い点 悪い点
AGAクリニック
  • AGA治療薬の処方だけではなく、育毛メソセラピーなど最先端の治療が受けられる
  • 進行したつむじハゲでも効果が期待できる
  • お金がかかる。保険も効かないので、数十万~100万ぐらいするのはよくある。
  • 地方になく、東京、大阪、名古屋など都心部にしかない
  • 薄毛の悩みを面と向かって話さなければならず恥ずかしい
皮膚科
  • 地方でも、どこでもあるので通いやすい。
  • 保険適用外のため費用が高い
  • 担当する医師によってAGAによる知識、経験にばらつきがあり。適当な対応をされることもある。
  • 薄毛の悩みを面と向かって話さなければならず恥ずかしい
AGA対応育毛剤
  • コスパがよく、価格も安め
  • つむじハゲ初期段階なら回復可能
  • 人に相談する必要がないため自分ひとりで治療ができる
  • AGA対応育毛剤は、ネット販売が主流のため購入がちょっと手間。
  • つむじハゲ末期には効果は期待できない

 

上記の表をもとに、それぞれの対策方法について、詳しく説明していきます。

進行してツルツルになった頭頂部、つむじハゲでも効果を実感できるAGAクリニック

都心にあるAGAクリニック

AGAクリニックは、名前のとおり、AGAの治療を専門に扱っているクリニックです。そのため、AGAについての知識、経験は深く、患者さんに合った治療を行っているため、つむじハゲの回復には一番期待できるのが、最大のメリットでしょう。

ですが、反面費用はかなり高額なることがしばしばで、仮に3ヶ月程度の治療期間として、AGA治療薬、診察費用、検査費用などもろもろ含め30万以上になるケースもよくります。

お金がない人のためにも、医療用のローンをすすめられる場合もありますが、なかなかそこまで踏み込める人はいないのが現状です。

また、そもそもですが、AGAクリニックは東京、大阪、名古屋、福岡などのいわゆる人が多く集まる都心部にしかない傾向があり、その他の地方都市にすんでいる人は自然とAGAクリニック通う選択肢はなくなってしまいます。

なお、実際AGAクリニックにいってみるとわかりますが、同じように薄毛になやんでいる患者さんと待合室で合うため気まずい空気が終始ながれており、医師の人に薄毛の悩みを告白するのも勇気がいります。

地方の人もでも大丈夫!通いやすい皮膚科のAGA治療

皮膚科

AGAクリニックとは違い、都心、地方問わずどこにでもあるのが、皮膚科でのAGA治療。AGA治療薬もプロペシア、ミノキシジルなどスタンダードなものはありますし、通い安いのでAGAクリニックよりもハードルが低いです。

価格は、AGAクリニックよりも高くはないですが、やはり保険適用外のため月に1万~1万5,000円ほどかかる傾向があります。

皮膚科でAGA治療を行う際の注意点としては、そもそもAGA治療に対応している皮膚科かどうかという点をチェックする必要がある点と、診察してくれるお医者さんがどの程度AGAに理解があるかをチェックする点があります。

皮膚科にもAGA治療に対応しているところとそうでないところがあるので、事前にホームページを見てチェックしてみましょう。

また、実際に診察の際は、こちらから気になることをいろいろ質問してみましょう。AGAに理解のあるお医者さんの場合、詳しく論理的に説明してくれることが多いです。

ですが、AGAにあまり詳しくないお医者さんの場合、適用に頭をちょっと見て薬を出して終わりだったり、「全然大したことない、他にもっとひどい人たくさんいるよ」「気にし過ぎなだけなのでは?」などあまり、患者さんの立場にたって考えてくれない人もいます。

このように皮膚科でのAGA治療は、対応してくれる医師によって当たりハズレがありますのがデメリットといえます。また、AGAクリニックと同じで医師に薄毛の相談をする事自体が恥ずかしいですし、勇気がいります。

つむじハゲを治したいが、自分の判断だけで育毛剤を使うのは、心配、お医者さんの判断がないと心配な人は、近くの皮膚科で診察してもらいましょう。

つむじハゲ初期段階ならAGA対応育毛剤で十分

育毛剤チャップアップ

AGA対応育毛剤の最大の魅力は、そのコストパフォーマンにあります。

1本だいたい120mlが平均で、つむじだけの使用であれば、1本で2ヶ月以上もつこともザラです。1ヶ月の費用は数千円ですみます。

また安いからといって、効果が実感できないわけではなく、下記画像のようなつむじハゲの初期段階であればAGA対応育毛剤で治す人も多くいます。

つむじハゲが治ったチャップアップの効果

参照:つむじハゲのレベルを確認して、自分がどの段階かをチェック!

そして、AGA対応育毛剤での治療は、薄毛の悩みを誰にも相談せず、自分で解決できるので、恥ずかしい思いをしなくてすむというのが思った以上に大きなメリットです。

AGAクリニックや皮膚科では、お医者さんに髪の悩みを話さなければいけないですし、待合室で同じ薄毛の悩みをもった患者さんと鉢合わせになるため、ちょっと気まずい雰囲気になります。

注意点としては、進行の進んだ末期のつむじハゲには効果が期待できない点です。つむじに限らず、薄毛は進行すればするほど育毛剤の効果がでにくい傾向があるため、末期状態のひとは、AGA対応育毛剤ではなく、皮膚科やAGAクリニックで診察を受けたほうがよいです。

また、AGA対応の育毛剤は一般的なドラックストアでは販売されていないため、ネットで注文しなければなりません。

インターネットになれている人であれば抵抗はないですが、そうでない人は購入自体が面倒に感じるのがデメリットでもあります。

つむじハゲの進行度合いを見て、自分にあったつむじハゲ対策を選ぶのが重要

AGAクリニック、皮膚科、AGA対応育毛剤の詳細について説明しましたが、どの治療法を選ぶかは、つむじハゲの進行度合いによります。

まだ初期段階~中期の人は、AGA対応育毛剤で問題ないですが、進行がすすんでいる末期の人はAGAクリニックでないと治らない可能性が高いです。

「つむじハゲのレベル」で紹介した画像を参考にして見比べて、今の自分のつむじハゲにあった選択肢を選ぶことがベストです。

次のステップ3では、つむじハゲ初期段階の人が実際にAGA対応育毛剤を使って、つむじハゲを治した体験談を紹介していきいます。

>>【ステップ3】画像で見る、つむじハゲが治った人の実際の育毛剤体験談

シェアしていただけたら嬉しいです!